2008年06月11日

痛いニュース
秋葉原事件被害者にB型肝炎患者

 秋葉原通り魔事件は、また新たな被害者を生みそうです。 


 警視庁万世橋署捜査本部は10日、東京・秋葉原の通り魔事件で死傷した17人の中に、B型肝炎の疑いがある被害者がいたことを明らかにした。捜査本部は、事件現場で被害者の手当てや介護にあたった人たちが感染した可能性もあるとして、なるべく早く、病院で検査を受けるよう呼び掛けている。


 厚生労働省によると、B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気で、主として感染している人の血液を介して感染する。また、HBVを含む血液が混入した人の体液などを介して感染することもある。


 HBVに初めて感染すると、全身倦怠感に引き続き食欲不振、悪心・嘔吐などの症状が出現することがあります。これらに引き続いて黄疸が出現することもあります。黄疸以外の他覚症状として、肝臓の腫大がみられることがあります。この場合、右背部の鈍痛や叩打(こうだ)痛をみることがあります。

 
 B型肝炎には、成人が初めてHBVに感染して発症した急性B型肝炎と、HBVキャリアが発症したHBVキャリアの急性増悪や、慢性B型肝炎などがあります。慢性肝炎が進展し、肝臓の線維化がすすんだ状態が肝硬変で、このような人の肝臓には肝がんが発生することがあります。


     失われた時はけっしてとりもどせない。
     すでになされた悪はけっして修正されない。
                  〜ラスキン〜



この記事が面白かったら人気ブログランキングへ

引用:厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/01-03.html
   毎日新聞(http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080610k0000e0400
64000c.html)
posted by ごんぐり at 17:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、ごんぐりさん。
ラスキンの言葉が、ずっしり重く感じられる事件ですね。
お亡くなりになられた方のご冥福を祈ります。
ではまた。
Posted by 名言ファイター at 2008年06月11日 21:03
B型肝炎ってそんなに感染力が強いんでしょうか?
よくわからないけど、現場周辺にいた方はなるべく早く・・・

ニッキはB型肝炎以外に、A型やAB型・O型の肝炎があると信じていた・・・
Posted by ニッキ at 2008年06月11日 23:20
名言ファイターさんへ

 容疑者は今頃、失われた時、奪った時について後悔と懺悔をしているのでしょうか。けっして時は戻せないけど。


ニッキさんへ

 肝炎ウィルスにはA.B.C.D.E.G.TT型があり、日本ではA.B.C型が多いようです。なかでもB型は感染力が強く医療従事者にはワクチンの接種が奨励されているそうです。
Posted by ごんぐり at 2008年06月12日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。