2008年06月13日

痛いニュース
秋葉原通り魔の模倣犯

 事件が起こったら必ず出てきますね。いったいどういう心理状況なのでしょうか。 


 東京・秋葉原の無差別殺傷事件以降、警察に「インターネット上に犯罪予告が書き込まれている」という情報が次々と寄せられている。


 事件翌日の9日から12日までに警視庁に寄せられた情報は100件超で、事件前4日間の約10倍に上った。同庁では掲示板に同様の犯行をほのめかす書き込みをした男を山形県警に通報、同県警は12日、同県天童市中里、団体職員大木琢也容疑者(29)を威力業務妨害の容疑で逮捕した。


 発表によると、大木容疑者は8日午後10時過ぎ、自宅のパソコンから掲示板サイト「2ちゃんねる」に、山形市内の楽器店の名前を挙げて「トラックで突っ込んでやる!」などと書き込み、同店の業務を妨害した疑い。「秋葉原の事件のニュースを見て、まねをして書き込んだ」などと供述している。


 警視庁によると、同庁のホームページにメールで届けられたり、110番通報されたりした「犯罪予告」情報は事件前は1日2〜3件だったが、加藤智大容疑者(25)が、携帯電話サイトに犯行予告をしていたことが明らかになった9日から急増。「原宿で連続殺人をする」「13日に渋谷で人を殺す」などの繁華街を狙ったもののほか、「秋葉原で加藤(容疑者)より多い10人殺す」といった書き込みもあったという。


 同庁幹部は「事件を模倣したいたずらが増えるとともに、事件の影響でネットの書き込みに敏感になって通報が増えた」と分析。摘発に向け、書き込みをした人物の特定を進める。

     悪の根源を自己の外に求めるのは危険だ。
     こうしたばあいには、侮語は不可能となる。
                〜ロバートソン〜 


この記事が面白かったら人気ブログランキングへ
引用:読売新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000002-yom-soci
posted by ごんぐり at 10:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり出てきましたか、模倣犯まがいのが。。。
ネットに書き込むだけなら何の労力もなく他人に
迷惑をかけることができますからね。もっと他の方法で
ストレス発散できないんでしょうかね〜。
ポチ☆
Posted by ころん at 2008年06月13日 14:10
ころんさんへ

 他人に迷惑をかけない。こんな当たり前のことが、なぜできないんでしょうか?考えてから行動をして欲しいですね。 
Posted by ごんぐり at 2008年06月14日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100369867

この記事へのトラックバック

ネット犯罪予告について
Excerpt: ネット上での犯罪(殺人)予告が多発している。増田総務相は「検知ソフト」の開発方針を示した。ベンチャー企業家の矢野さとる氏は、「予告.in」という犯罪通報サイトを「0億円、2時間で」構築。前者は税金の無..
Weblog: 論正の界グロブ
Tracked: 2008-06-16 13:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。