2008年07月01日

痛いニュース
五輪会場にアオサ大発生

29日付中国新聞社電によると、8月に北京五輪大会のセーリング競技が行なわれる山東省青島市の周辺海域で、緑藻類が大発生し、当局は懸命に撤去作業を進めている。海岸に漂着したアオサの取り除き作業では市民数万人も動員された。

 青島市沖合いで緑藻類の発生が確認されたのは5月末ごろ。面積は最大で1.3万平方キロメートルで、特に大量に発生している海域は約400平方キロメートル。6月14日には大量の緑藻類が海岸に漂着しはじめた。

 五輪大会のセーリング競技が行なわれる予定の海域は49.15平方キロメートルだが、約38%に相当する15.86平方メートルで緑藻類が繁殖している。

 このため当局は船舶約1000隻を出動させ、海から緑藻類を取り除く作業を続けている。また、海岸では重機に加えて市民数万人による「人海戦術」で撤去作業を続けている。

 中国新聞社によると、撤去作業は7月15日に終わり、五輪大会そのものに影響は出ない見通し。ただし、事前の練習には悪影響が出るとの見方がある。

サーチナ・中国情報局(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080630-00000026-scn-cn


 趣味でセーリングをやっている私としては、ちょっと心配なニュースです。セーリングに必要な風は地形が大きく影響するため、練習で地形と風を確認することはかなり重要ですからね。撤去作業是非頑張ってもらいたいです。ちなみにアオサは富栄養化によって大量発生するそうです。

     自然は絶えず建設し、また絶えず破壊する。
     自然の工場は及び難い。
                    〜ゲーテ〜


この記事が面白かったら人気ブログランキングへ
posted by ごんぐり at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アオサも発生する海を選んで群生するのであるなら地球温暖化による
大型台風予防に海水の温度をコントロール出来るのにただただ海の雑草で焼却処分かと思うと残念で仕方ありません。
アマモが地球温暖化から地球を救うと私の背後霊はお話です。
皆様せめて身近な緑を大切にシンボルツリィーを持ってみませんか!
貴方のシンボルツリィーはドングリ・果樹などです。
森に植樹に行きませんか?貴方が森の動物の飼い主様となる小さいけど皆で取り組めば大きな成果を収める計画です。
その上夢も広がりますよ!

私はシルバーバーチの2代目霊媒 霊医アトス様のヒーラー ウィックランドドクターの愛弟子(シルバーローズ)エクソシスト 預言者サイコひかりの輪霊能者でした。
でも入信は、まだのようです。霊の道具となって生きるが霊媒の務めですが上祐氏にはまだまだ今の生活に未練でもあるのでしょうか?
Posted by 霊医アトス様のヒーラーサイコ輪。。G at 2008年07月01日 16:12
アオサですか・・・
乾燥して販売すれば・・・
Posted by ニッキ at 2008年07月01日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101903668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。