2008年07月04日

感動したニュース
赤字覚悟のよっちゃんいかの心意気

値上げラッシュが続いているが、実質赤字ながらも価格を据え置いている定番食品がある。駄菓子界のエース「よっちゃんいか」。値上げを踏みとどまる理由はただ一つ、「消費者に納得してもらえない」からだ。主に小学校低学年を中心とした子供たちの財布を物価高から守るため、「よっちゃん」は歯を食いしばっている。

 昨年以降続く原油高は、駄菓子業界も直撃している。「うまい棒」(10円)の「やおきん」(東京)では、これまでの約11.5センチから約9.5センチに短縮し、「他製品でも内容量を減らしたり、卸価格を値上げしております」(広報)。「蒲焼き屋さん太郎」など「太郎シリーズ」(10円)を手がける「菓道」(茨城)でも、1枚あたりの大きさや容量を減らすなど地道な努力をしている。

 ところが、“よっちゃんいか”の愛称で知られる「カットよっちゃん」(30円)は価格、容量とも一切変えておらず、当面改訂する予定もないという。

 「よっちゃん食品工業」(山梨)の担当者は「『カットよっちゃん』単体では、包装材やフィルムの値上げだけでもすでに限界。それでも、他のブランドはともかく、あれだけはどうしても値上げすることができないのです」と打ち明ける。

 「弊社の定番商品ですし、長年ご愛顧頂いているのは、ほかならぬ子供たち。わずかな値上げでも、とても納得はして頂けないでしょう。営業サイドも、とても問屋さんに提案できませんよ」と苦笑いする。

 原油高騰以外にも、主な原料となる国産イカの全国一斉休漁が、値上げリスクとして「よっちゃんいか」を襲う。「原材料は生イカではなく、乾燥やボイルされた加工イカなので、当面は問題ありませんが、イカ相場がいま以上の値上げ局面ともなれば、今後の影響は分かりません」(担当者)。今後の動向次第では、いよいよ心意気かビジネスか、究極の選択を迫られる可能性も示唆した。

 「駄菓子の夢博物館」(大分)館長で、自らも駄菓子店を経営する小宮裕宣氏も「毎日のように値上げの紙を張らなくてはいけないほど値上げ商品が相次ぐ中、よっちゃん食品工業には本当に頭が下がります。5円10円の値上げでも、子供たちにとって影響は大きい。可能な限り、子供たちの味方であり続けてほしい」とエールを送る。

 子供たちのはかない希望は、今後のイカ相場に委ねられることになりそう。

夕刊フジ(http://netallica.yahoo.co.jp/news/40057


 駄菓子は子供の頃から親しんできたものなので、いつまでもあってほしいと思います。最近、駄菓子屋が少なくなってきていて、残念に思っていたので、このニュースに勇気づけられました。子供のお小遣いでも大量に買えるもの、そういうスタンスは出来れば続けていってもらいたいです。

      自立への大いなる一歩は満足なる胃にあり。
                    〜セネカ〜


この記事が面白かったら人気ブログランキングへ
posted by ごんぐり at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よっちゃん子供の味方ですねw
素晴らしいです。
うまい棒やっぱ短くなったんですね・・・
なんとなくそんな気がしていました!

この物価の上がる減少そろそろ歯止めがかかって欲しいですね!
Posted by 虎鉄 at 2008年07月04日 10:33
是非とも頑張って欲しいですね!!
エールを送ると共に今度スーパーで見かけたら早速売上げに協力しますよ。
こんな心意気を聞いたら消費者としても応援したくなりますね。
Posted by nana at 2008年07月05日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102104335

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。