2008年07月10日

面白いニュース
プロ棋士の直観力

将棋のプロ棋士は、局面を認識するときに一般人とは異なる特有の脳活動が現れることが、理化学研究所と富士通、日本将棋連盟の共同研究で分かった。大脳の頭頂葉の一部が活発化するほか、記憶などに関係する脳波が素早く出現する。盤面から瞬時に最善手を判断するプロ棋士の“直感”を、科学的に解明する糸口になりそうだ。東京都内で開催中の日本神経科学大会で10日発表する。

 理研脳科学総合研究センターは、プロ棋士11人(7〜4段)に将棋の盤面を次々に見せ、局面が変化したかどうかを瞬時に判断してもらう実験を行った。脳の神経細胞の活動を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で測定したところ、頭頂葉の頭頂連合野という領域の後ろの部分(背内側部)がピンポイントで活発化することを突き止めた。

 頭頂連合野は空間認識などに関係しているが、背内側部の役割は分かっていなかった。チェスの盤面や人の顔など将棋とは無関係の画像を見たときや、将棋の初級者では活発化しないことから、プロ棋士の「脳のツボ」といえそうだ。

 一方、実戦譜の盤面と、でたらめに駒を並べた盤面を判別する実験では、プロは0・1秒見るだけで90%以上、正答できたが、アマチュアの4段以下は0・5〜1秒を要した。

 また、定跡型の駒の配置を見たときの脳波を調べたところ、プロは約0・1秒後、前頭葉に「シータ波」が強く現れた。認識や記憶と関係がある脳波で、でたらめな配置を見たときやアマチュアでは、出現が遅かった。プロは単に「将棋の駒」に反応するのではなく、「配置の意味」まで瞬間的に理解していることがうかがえる。

 子供のころから高度な思考訓練を重ねたプロ棋士は「考えずに指せるようになれば1人前」と言われ、研ぎ澄まされた直感が強さのカギを握る。研究チームは「一般人とは違うメカニズムで情報を処理している可能性が大きい。直感との関係をさらに探りたい」と話している。(長内洋介)


産経新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000114-san-soci


 プロ棋士特有の脳の発達というのが面白いですね。人間の脳は未知数でまだ30%とかそれ以下しか分かっていないといわれています。これからいろんなことが発見される事は楽しみでもあり、心というものがすべて脳の部位で表されてしまう時代になる事は少し寂しい感じもします。


      千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす。
                  〜宮本武蔵〜


この記事が面白かったら人気ブログランキングへ

posted by ごんぐり at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102573611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。