2008年07月11日

興味深いニュース
動く人ほどガンになりにくい?

日常生活で体をよく動かす人ほどがんになりにくいことが、厚生労働省研究班の大規模疫学調査で分かった。米国の疫学専門誌に10日までに発表した。研究班の井上真奈美国立がんセンター室長は「活動的な生活ががん予防の一端を担える可能性がある」としている。

 研究班は1995年と98年、全国10地域の45〜74歳の男性約3万8000人、女性約4万2000人を対象に、身体活動の時間を(1)肉体労働や激しいスポーツの時間(2)歩いたり立ったりする時間(3)座っている時間(4)睡眠時間−に分けて調査。2004年末まで追跡したところ、この間に男性2704人、女性1630人ががんになった。

時事通信(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000049-jij-soci) 


 すごく大規模な調査ですね。男性では結腸がん・肝がん・膵がんで、女性では胃がんで罹患リスクは減っているようです。また、激しい運動は活性酸素やフリーラジカルを増加させ、脂質やタンパク質、DNAの損傷につながる一方、中等度の運動では、抗酸化物質の損失を抑制するため、そのバランスによって、運動は有益とも有害ともなり得るので、適度な運動の程度が難しいですね。

    健康を保つことは、自己に対する義務であり、
    また社会に対する義務でもあります。
           〜ベンジャミン・フランクリン〜
 

この記事が面白かったら人気ブログランキングへ

posted by ごんぐり at 12:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、ごんぐりさん。
最近、メタボで困っています(笑)。
いつまでも、健康でいたいものです。
ところで、ごんぐりさん、びっくりしました。
このブログで飼っていらっしゃる黒猫、いつも私と遊ぶのですが、今日は鳴きました。
このコメントを見た方、鳴かしてみてくださいね。
Posted by 名言ファイター at 2008年07月12日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102638023

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。