2008年09月01日

痛いニュース
札幌市がホームレスに派遣紹介

札幌市内の一部の生活保護担当職員が、無届けの職業紹介を禁じた職業安定法に違反して、生活保護を希望するホームレスに人材派遣業者での就労をあっせんしていたことが分かった。紹介を受け派遣契約を結んだところ、劣悪条件の勤務を強いられてトラブルになったケースもあり、07年初めごろまでにはあっせんをやめたとされる。市は事実を認め「現在は指導を徹底し再発防止に努めている」と説明している。

 支援団体「北海道の労働と福祉を考える会」などによると、生活保護申請の相談をするため06年ごろに北区や中央区役所を訪れたところ、職員から「認められない」と言われた。職員は東京都新宿区と愛知県刈谷市の派遣業者2社の連絡先などを手渡し「本州で勤務することになるが、この会社なら住所がなくても働ける」と説明。職員が自ら連絡したケースもあった。

 2社の派遣先は東海地方の機械部品工場など。派遣業者が用意した寮に入居して勤務したところ、事前の説明と異なり給料から毎月計十数万円の寮費や光熱費、食費、旅費などが引かれ手元にほとんど残らなかった。

 出勤も不定期で、仕事がないと寮費だけがかさみ、赤字になることもあった。「役所がこんな会社を紹介していいのか」と市に抗議した人もおり、相談を受けた考える会などが「職安法違反にあたる」として再三中止を申し入れていた

 市保護指導課は「詳しい経緯は不明だ。区役所に仕事の紹介を求める人がいたため、善意で紹介していたようだ」と話す。職安法は職業紹介は公共職業安定所が行うとしており、自治体が実施する場合は厚生労働省に届け出なければならない。厚労省は「違法の可能性が強く望ましくない」としている。

 考える会代表の木下武徳・北星学園大准教授は「違法である前に、役所がこうした業者を紹介するのが問題。就労支援名目の切り捨てだ」と批判。東京の業者は「業務内容は言えない」と話している。【吉井理記】

毎日新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000013-mai-soci


 人の弱みにつけこんで、さらに痛い目を見せるなんて生活保護担当職員がやることでは無いですね。この担当職員は派遣業者と金銭のやりとりがなかったのか疑ってしまいます。もしもの時、役所はあまり頼りにならないかもと考えてしまいました。

      人間には幸福よりも不幸のほうが二倍も多い。
                    〜ホロメス〜

 
この記事が面白かったら人気ブログランキングへ
 
posted by ごんぐり at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、ごんぐりさん。
どこへいってらしたんですか?(笑)
あまり更新がなかったので、気になっていましたよ。
悪質な派遣業者と役所ですか。
弱い人、弱い立場の人をいじめる、今の日本の風潮そのものではないですか。
Posted by 名言ファイター at 2008年09月02日 01:18
この1ヶ月間国内を旅行していて、
まったく更新ができませんでした。
ご心配かけまして申し訳ありません。

 映画「シッコ」でアメリカはなんて国だと
思いましたが日本も大差ないのかもしれません。
Posted by ごんぐり at 2008年09月02日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105861403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。