2008年09月14日

<気になるニュース>
カプセル型内視鏡

オリンパスメディカルシステムズは9月11日までに、錠剤のように飲み込める小腸用のカプセル型内視鏡について、厚生労働省から日本での製造販売認可を取得した。今後、発売に向けて準備を進める。

 直径11ミリ、長さ26ミリのカプセル状。超小型のCCDカメラと無線送信機構を持ち、飲み込んだ患者の小腸内部の様子を外部モニターで観察できる。チューブを挿入する従来型と異なり、患者の負担を抑えながら消化器内を観察できる。

 同製品は2005年10月から欧州、2007年10月から米国で販売している。

・ITmediaニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000091-zdn_n-sci


 患者の負担が少なくなるのは,本当にありがたいことですよね。もし機械が誤作動を起こして動かなくなった場合、ふつうに下から出てくるんでしょうか、気になります。
posted by ごんぐり at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106516903

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。