2008年11月26日

<悲しいニュース>
ゲーツ国防長官続投

米主要メディアは25日、ロバート・ゲーツ国防長官(65)がオバマ次期政権で続投すると報じた。イラク、アフガニスタンでの戦いが続く中、オバマ氏はベトナム戦争以来の戦時下での円滑な政権移行に配慮し、党派を超えて支持があるゲーツ長官の留任を決めたとの見方が出ている。
 一方、国家安全保障担当の大統領補佐官には、北大西洋条約機構(NATO)欧州連合軍の元最高司令官ジェームズ・ジョーンズ氏(64)の起用が有力となっている。オバマ氏は週明けにも、国務長官起用が固まっているヒラリー・クリントン上院議員(61)らと併せて安全保障・外交閣僚人事を発表するという。
 ゲーツ氏は、テロとの戦いの主戦場をアフガンに移して米軍部隊を増派することや、キューバのグアンタナモ米軍基地にあるテロ容疑者収容所を閉鎖する点ではオバマ氏と意見が一致する。 

・時事通信(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000029-jij-int


 先日、堤未果さんの講演を聴いて、アメリカの実態を知り驚きました。今アメリカは経済格差がはっきりしており、貧困層はどうやっても裕福になれないような構造になっているそうです。そんな貧困層の若者の情報を学校や保険会社から手に入れた軍は、良い条件を提示して、次々と徴兵を行っているらしいです。

 経済が密接に関わっているこの問題は、経済を活性化するために戦争を起こす→裕富層は儲かり、貧困層からは若者が徴兵される→また戦争を起こすという負のスパイラルで止まることをしりません。オバマさんもブッシュさんと同じこのスパイラルを回そうとしているのです。

      今日の格言!!
posted by ごんぐり at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。