2009年02月02日

<興味深いニュース>
味噌菓子ブーム!?

マカロンやプリン、ラスクなど、味噌(みそ)を使った洋菓子が続々登場している。若者の味噌汁離れに待ったをかけようと老舗蔵元が開いた「味噌カフェ」も人気だ。独特の風味は、チーズやバターなど乳製品との相性も抜群。一大ブームを巻き起こした塩スイーツ、醤油(しょうゆ)スイーツに続いて、今年は味噌スイーツが熱い!?(中曽根聖子)


 創業150年を超える信州味噌の老舗「和泉屋商店」(長野県佐久市)は昨夏、地元のカフェと共同で「味噌マカロン」を発売した。卵白などを泡立てたメレンゲに味噌を塗って焼き上げた一品で、甘くサクッとした口当たりに味噌がほんのりと焦げた香りが絶妙の味わいだ。

 8月には地元、軽井沢のホテルやアウトレットモール内の土産物店で約3000個を完売し、製造が追い付かないほどの人気商品になった。

 江戸時代からの伝統製法と国産大豆にこだわる同社は「味噌の奥深い魅力を知ってほしい」と、早くからせんべいやドレッシングなど関連商品を発売してきた。阿部博隆専務は「今回は、日本の昔ながらの調味料とフランスの焼き菓子マカロンとの意外な組み合わせで若年層にアピールしたかった。予想以上の売れ行きに驚いている」と話す。

 茨城県日立市にある、味噌カフェ「みずきの庄」の看板メニューは「みそプリン」だ。地元客や通販で1日150個が売り切れることもしばしば。

 明治5年創業の「内山味噌店」が「味噌汁や煮物だけではない味噌を楽しむ、新しいスタイルを提案したい」と平成18年に開いた同店。パスタやオムライスをはじめケーキなどデザート類にも、大豆のうまみを最大限に引き出す昔ながらの製法で仕上げた自慢の味噌を使用している。

 中でも開店当初から評判の「みそプリン」は、チーズのような濃厚なコクと滑らかな舌触りが特徴だ。

 開発を担当した6代目当主の妻、内山文さんは「味噌は同じ発酵食品のチーズやバターなどと相性がいい。特に甘い白味噌は洋菓子にぴったり」として、近く生キャラメルも発売する予定だという。

 各地で味噌スイーツの発売が相次ぐ背景には、国内消費の低迷がある。総務省の「家計調査」によると、1人当たり年間消費量は平成19年に2334グラムと、最多だった時期のほぼ半分。「パン食の普及や朝食抜きの生活で、家庭で味噌汁を飲む回数は確実に減っている」と、全国味噌工業協同組合連合会「みそ健康づくり委員会」の高梨修委員長は指摘する。 この一方でここ数年、味噌料理が主役のバーやレストラン、居酒屋が続々と誕生。高梨さんは「外食を中心にフレンチなど洋食の素材にも使われ、若年層にはおしゃれで新鮮なイメージに変身しつつあるのでは」とみている。

 伝統和菓子が多い京都でも、味噌スイーツは観光客の心をとらえている。ジェイアール京都伊勢丹の地下食品売り場の土産物店「楽味京都」の売れ筋は「味そ乃ラスク」。フランスパンのスライスに西京白みそを使ってこんがり焼き上げたユニークな商品で、「口コミでジワジワと人気が広がり、最近は味噌バターとセットで購入する方も多い」と店長の斉藤伊都子さん。

 また、京都府洋菓子工業協同組合が試行錯誤の末に完成させたのが、地元の西京みそを使った焼き菓子「味噌フィナンシェ」。今では組合加盟の京都市内8店舗が発売しており、京の新銘菓に成長しつつあるという。

・産経新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090202-00000513-san-soci


 味噌がこんなにブームになってるなんて知りませんでした。この中では、味噌プリンを食べてみたいな〜。地方でも御取り寄せできるのかきになります。
posted by ごんぐり at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113583765

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。