2009年02月17日

<興味深いニュース>
シンガポールの都市伝説ツアー

クリーンで近代的なイメージの強いシンガポールで、その裏にひそむ都市伝説や歴史を垣間見ることができる「肝試しツアー」が話題を呼んでいる。

 アジア超常現象調査会社(API)が主催する同ツアーは、墓地や廃屋、うち捨てられた村などを巡るもので、ただ怖がらせるだけではなく、教育的で知的な内容だという。開始からまだ1年も経たないが、シンガポール政府観光局のウェブサイトにお勧めツアーの1つとしても掲載されている。

 APIの創設者チャールズ・ゴー氏は、都市伝説や心霊現象と呼ばれているものの多くは誤解や情報不足によると指摘。さまざまな調査を通じ、心霊現象などを理論的かつ科学的に証明することを目的としているという。

 ゴー氏は「調査を通して得た知識を基に、都市伝説などの謎を解くユニークなツアーを開催することができた」と語る。

 移動のバスの中では、ガイドが都市伝説や幽霊の話をビデオを交えて説明し、ツアーの雰囲気を盛り上げる。13日の金曜日に行われたツアーの最初の目的地は、「死者の村」という異名を持つブキ・ブラウン中国人墓地。1980年代の開発で廃墟となった場所だ。

 ゴー氏は、シンガポールは近代的で清潔な街という印象が強いかもしれないが、歴史や隠れた伝説の多い「スピリチュアル」な場所だと語っている。


・REUTERS(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000975-reu-int)


なかなか面白そうな企画ですね。日本の都市伝説って謎のまま終わってしまうけど、「都市伝説や心霊現象と呼ばれているものの多くは誤解や情報不足」と言ってのけるがシンガポールのお国柄なのでしょうか。


    学問は飯と心得べし 〜三浦梅園〜


 
posted by ごんぐり at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。