2009年02月19日

<興味深いニュース>
男性が好むウェットキス

男性が好むウェットなキスには意外なからくりが隠されているのかもしれない。

 アメリカ、ニュージャージー州のラトガース大学で教鞭を執る人類学者ヘレン・フィッシャー氏によると、男性は一般に舌を絡ませたウェットなキスを好む傾向があるという

 男性はキスという手段で、女性の唾液に含まれる女性ホルモン(エストロゲン)を本能的に感じ取ろうとしている。相手の女性の繁殖能力を判断するためらしい。

 また男性はウェットなキスで、男性ホルモンの一種であるテストステロンを無意識に女性に受け渡そうとしている可能性もある。テストステロンは、女性の性的関心を刺激する作用を持っているという。フィッシャー氏のこの研究は、シカゴで開催されたアメリカ科学振興協会の年次会合で発表された。

「男性は、男女関係の初期段階におけるキスでも性交渉への1ステップと解釈している」と同氏は指摘する。したがって、ウエットなキスは繁殖を成功させるための“多目的なメカニズム”であるといえる。

 ペンシルベニア州にあるラファイエット大学の神経科学者ウェンディ・ヒル氏は、「キスは相手の性質を評価する手段かもしれない」と述べる。テクニックはさておき、キスの相手が性交渉の対象として遺伝的に適切かどうかは、唾液という“化学的なカクテル”で判断できる可能性があるというのだ。

 実際、前出したフィッシャー氏によれば、男女ともに多くの人は最初のキスを“災いの元”あるいは“新たな関係の始まり”と見なしていることが調査で明らかになっているという。

 人は外見よりも根深い生物学的な刺激を受けて、特定の人に自然と心を惹かれていくという研究が多数あるが、ヒル氏も同様の考えだ。

 フィッシャー氏は最近、人間の普遍的な4種の気質を評価する人格テストを開発した。基礎データとして、インターネットの出会い系サイトChemistry.comを利用している4万人を対象とした統計が利用されている。4種の気質はそれぞれ、ドーパミン/ノルエピネフリン、セロトニン、テストステロン、エストロゲン/ オキシトシンという脳内化学物質の活性化レベルと結び付いていた。

 フィッシャー氏が突き止めたのは、相手の気質が選択行為に大きく影響するということである。この成果により、愛情にはなんらかの非常に強力な脳内化学物質が関与しているという同氏の信念がさらに強まることになった。

「人は愛のために歌い、愛のために踊る。そして愛について書き、愛のために生き、殺人も犯せば、死もいとわない。関係が良好なときは溺れるほど素晴らしいが、悪化したときの状態は本当に悲惨だ」と同氏は本ニュースに語っている。


・National giographic(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090218-00000000-natiogeo-int)


唾液にもテストステロンは含まれるのですね、だったらなんかなっとくかも。恋愛もホルモンで解決される日も近いかもしれません。

  
 手の上なら尊敬のキス。額の上なら友情のキス。
 頬の上なら満足感のキス。唇の上なら愛情のキス。
 閉じた目の上なら憧憬のキス。掌の上なら懇願のキス。
 腕と首なら欲望のキス。さてそのほかは、みな狂気の沙汰。
                    ―「接吻」―
ラベル:ウェットキス
posted by ごんぐり at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。