2009年02月24日

<興味深いニュース>
アメリカのヘアトレーダー

昨今の経済事情は、こちら米国でもかなり深刻。
借金せずに、本当に必要なものを懐具合と計算しながら生活をしていかなくてはならない状況の人々が多い。

自分の不要な物を売り払い、手軽に小遣い稼ぎができるオークションサイトは連日フル回転。欲しい物がいくらかでも安く手に入れたい人にも、この不況時には欠かせないものになっている。

そんな最近、「自分の“身体の一部”だって売れるものは、売ってしまう」という人が、ここ米国では増加している。
ここ数カ月で40%の増加となっている「ヘア トレーダー.com」(英語サイト)。このサイトは自分自身の広告を載せ、髪を販売することができる。
ブラウンカーリーヘア、インド系のストレートな黒髪、レイヤーロングのブロンドヘアなど、いろいろなタイプの髪がオークションスタイルで売買されている。
値段を見てみると、パーマや毛染め未経験の「virgin ヘア」というのが、高くついているようだが、どれも150ドル〜2000ドルくらいまでの価格で売買されている。

素人目からすると「他人の髪の毛なんかに金払う人がいるのかね?」と思うのだが、カツラを作る専門家や、エクステンション用の髪の毛を探している人には、需要のあるサイトらしい。他にカットモデルということで、切る段階も料金込みになっている人も目立つ。自分の利益ではなく、髪の毛と支払い額をそのまま癌センターなどのカツラ用として寄付することも可能。

他に販売されているのは、血漿(けっしょう)プラズマ。
この場合「プラズマ販売」というのではなく、あくまでも「寄付」になっていて、その代償(補償)は寄付単位で20ドル〜40ドル。

30歳代前の若く健康な男女であれば、卵子や精子の「寄付」もあるようだ。

職を失い、金銭を有効に使うために、全てを販売しないと生活できない、というよりも、労働せずにいとも簡単にキャッシュを手に入れることができるというのが、増加の一因になっているような気もする。
(シカゴ/あらた)


・excite.コネタ(http://netallica.yahoo.co.jp/news/67309


 必要な人に自分の不必要な物を売る商売はこれからも発展していくのではないでしょうか。このこと自体は非常に良いことだと思います。しかし、自分の必要な物まで売らなければならない状況(例えば臓器)にもっと発展すればなりうる危険性も出てきているのではとも感じました。
posted by ごんぐり at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114727127

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。