2009年03月05日

<興味深いニュース>
省エネハウス三つどもえ

太陽光発電の補助事業が始まり、5月からは家庭用燃料電池の販売が始まることを受け、エネルギー業界が「家」をターゲットにした取り組みを本格化し始めた。新日本石油は3日に各種の発電、省エネシステムを備えた「創エネハウス」を横浜市港北区大曽根に完成させ、平成22年度からの商品化を前にハウスメーカーへの売り込みを強化。電力、ガス各社も取り組みを本格化しており、業界三つどもえの売り込み合戦が始まった。

 ■石油

 新日本石油が完成させたのは、2階建て延べ床面積160平方メートルの戸建て住宅。LPガスで発電しながら余熱でお湯を沸かす燃料電池や太陽光発電を設置しただけでなく、断熱性を高めたり、外気の有効利用を図ってエネルギー使用量の低減をはかる。平成2年ごろの住宅は年間6トンの二酸化炭素(CO2)を排出していたが、創エネハウスでは、実質的にCO2排出ゼロの住生活を目指すことができるという

 21年度の1年間は同社社員の家族が居住し、実生活におけるエネルギー使用量やCO2排出量をチェックして、システムの改善を目指す。同社では創エネハウスを利用してハウスメーカー各社にシステムの採用を働きかける。

 ■電力

 これに対し、電力会社でも省エネハウスの開発、研究を本格化。東京電力が東京都世田谷区に宿泊体験が可能なオール電化住宅をオープンさせて売り込んでいるほか、九州電力では福岡市の九州電力総合研究所内に実証実験用戸建て住宅「インテリジェントハウス」を2月に完成させた。

 ここでは、空気の熱を有効活用することで、30%の省エネを実現する電気給湯器「エコキュート」だけでなく、燃料電池や太陽光発電、小型の風力発電も設置壁面や屋上は緑化して室内温度の維持に最適な緑化方法などを研究する

 ■ガス

 一方、ガス業界では、大阪ガスが5年から集合住宅「NEXT21」で実証実験を続けている。東京ガスは東京都荒川区に戸建て住宅の「暮・楽・創(くらそう)ハウス」をオープン。燃料電池で発電、余熱を利用して床だけでなく壁面でも行う冷暖房システムをPRしている

 電力、ガス各社は、現在は家のシステム全体の販売は検討していないが、新日本石油はシステム全体の販売を優先する考えだ。西尾進路社長は「燃料電池などのシステムコストは800万〜900万円かかる。これが200万〜300万円にならないとなかなか利用は進まない」として、さらなるコスト低減を図る考えだ。


・産経新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000089-san-soci


 これからは燃料電池が鍵になってきますね。どの家庭にも使用されるようになる時も、遠くはないのだと感じました。



     科学は前進するが、人間は変わらない。
                 〜ベルナール〜
posted by ごんぐり at 09:44| Comment(2) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごんぐりさん、ブログへのコメント有難う御座いました。

省エネハウス3つどもえの競争、いいことですね!やっと本格的にメーカーも取り組み始めたという感じですね。従来の住宅は単なる箱に過ぎず、あまりにも省エネについては、無頓着でした。本物にするためには、もっと技術の横の連携が必用で、それを支える理論が必用です。学生さんみたいなので、これからも知識を増やし頑張って欲しいです。
Posted by シニアiwami at 2009年03月05日 10:00
コメントありがとうございます。
少しずつブログを通して勉強していけたらと思っています。
Posted by ごんぐり at 2009年03月06日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115171668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。