2009年03月06日

<興味深いニュース>
ETC割引と助成金

国土交通省所管の財団法人高速道路交流推進財団は2009年3月6日、「ETC」車載器の新規購入者に対し、3月12日から助成金を出すと正式に発表した。財団には、「問い合わせがものすごく殺到」、特設サイトが一時ダウンした。

■「数のカウントができないくらい、対応に追われている」

 09年3月から、ETC搭載車を対象にした休日1000円乗り放題など、高速道路料金の大幅な値下げが始まるのを受けて、ETC車載器の新規購入者に対して、4輪車では5250円、2輪車では1万5750円を助成する。財団のホームページにはアクセスが集中し、6日午後、制度を説明する特設サイトが一時ダウンした。同財団には、助成金の額や助成の方法、助成取扱店などの問い合わせが電話で殺到、

  「数のカウントができないくらい、対応に追われている」

状況であると話している。

 同財団はこの助成制度の主旨として、「ETCの普及促進は渋滞を解消し、CO2の削減に非常に有効な手段であり、公益的な要素が大きい」ことを挙げている。助成金を受ける条件は、(1)ETC車載器を「助成取扱店」で「新規に」購入する、(2)「2年以上」の使用と「2回以上」の分割払いを行う、(3)申込時に「アンケート」に回答する、などだ。期間は09年3月12日から3月31日までで、それより前の予約は行っていない。来年度についても実施する可能性があるという。

■10月末以降、前年比の2倍程度伸びている

 ETC車載器の販売店やメーカーにも余波は飛び火しそうだ。

 早くからETC車載器の販売キャンペーンを行っている、イエローハットの営業管理部は、

  「助成金について、今朝方から問い合わせが入っている」

と話す。ETC車載器自体の売り上げも、高速道路関連の政策が発表された10月末以降、前年比の2倍程度伸びているという。ただそれ以上に、

  「おそらく3月が一番好調ということになると見込んでいます」

と期待している。

 オートバックスセブンも売り上げが2倍前後伸びているとし、

  「(政策の発表から)このような勢いが来ることは予想していた」

と期待を隠さない。

 また、複数のETC車載器メーカーに問い合わせたところ、各社は生産や受注について11月、12月から軒並み増えているとしている。


・J-CAST(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000004-jct-bus_all


 丁度今、ETCを駆使して中国地方を旅行中です。昔に比べると現時点での高速料金はだいぶ安くなった感じがしています。これに加えて、ETCで休日1000円乗り放題とかになったら、みんな利用するのではないでしょうか。そうすると、結果的に渋滞が起こり、利便性という長所と二酸化炭素削減という目的が無くなるようで心配なのは、私だけでしょうか。

        長所は短所
ラベル:ETC割引 助成金
posted by ごんぐり at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。