2009年03月16日

<興味深いニュース>
紫外線で窓際は危険!?

2009年3月11日、台湾の皮膚科医学会が実施したオフィスで働く女性を対象にした調査で、窓越しに紫外線を浴び続けた皮膚は、そうでない皮膚と比べ、シワの数が2倍以上であることが分かった。台湾紙・聯合晩報が伝えた。

調査はオフィスで働く女性320人を対象に実施。紫外線対策を全く行っていない人は2割もいた。窓からの紫外線を浴び続けた顔半分とそうでない半分とを比べると、紫外線を浴びていた方の肌はきめが2倍も粗く、シワの数も2.6倍に上っていた。最も顕著だったのはシミの数で3.9倍だった。


国泰医院汐止分院の邱[王宛][女亭](チウ・ワンティン)皮膚科主任は、「皮膚の老化を招く紫外線UVAへの対策が必要」と話す。UVAはガラスも通り抜けるため、知らない間に肌にダメージを与えてしまうことが多い。邱主任は、「室内にいるからといって安心せず、日焼け止め効果のある乳液などを使うと良い」と呼び掛けた。(翻訳・編集/NN)


・Record China(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000012-rcdc-cn


 部屋の中でも安心できないですね。これから外で遊ぶ時は、男の子でも”日焼け止め”は必須だと思います。

   人間にもっとも多くの災いをもたらすのは人間である。
                   〜プルニウス〜
タグ:紫外線
posted by ごんぐり at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115712294

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。