2009年03月18日

<悲しいニュース>
ETC車載器が売り切れ!?

高速道路の自動料金収受システム(ETC)車載器の購入費の助成制度が始まって18日で1週間。東北のカー用品店など「助成取扱店」では、希望者が殺到して車載器の在庫が底を尽く店が増え、ドライバーが「買いたくても買えない」と怒りを募らせている。助成期間は月内の予定で、何とか助成を受けようと店をはしごする人も。景気対策で国が打ち出したETC利用による高速道の大幅割引。ドライバーは不満の矛先を「準備不足だ」と国に向けている。

 仙台市太白区のイエローハット西多賀店では、12日の助成開始から4日間で通常の10倍を超える300台以上が売れ、在庫が尽きた。問い合わせは毎日あり、同店は「入荷時期は分からない。明言して迷惑をかけられない」と弱り切る。

 開始2日で、在庫の約100台を売り切った青森市のサンデー青森浜田店も同じような状態。申込用紙を約50枚用意したが、初日でなくなり、助成手続きを後日、行ってもらうようにした。

 仙台市内のカー用品店を2度訪れ、いまも購入できないという青葉区の男性会社員(35)は「買えても、取り付けは3月中にできないといわれた。助成期間中なのに売り切れるなんて国の準備不足。4月以降も助成してほしい」といら立つ。

 オートバックスのフランチャイズ本部、オートバックスセブン(東京)によると、全国約500店のうち既に半数以上で在庫がない状態という。同社は「3月前半のETC売り上げは前年の7倍。予想をはるかに超えた」と説明。「メーカーに出荷を要請しているが、入荷時期は何とも言えない」とお手上げの様子だ。

 助成の実施主体、財団法人高速道路交流推進財団(東京)は「在庫がある店を探してもらうしかない」と言うだけで、助成期間の4月以降の延長は「やるともやらないとも現段階では言えない」と話す。国土交通省は「希望者が予想をかなり上回っており、メーカーに増産をお願いする。財団には助成継続を要請している」と言う。


・河北新報社(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000003-khk-soci


 100台とか300台では売り切れますよね。いきなりの法案だったので、メーカー側が対応出来なかったのは、無理もないと思います。いつも後手後手ですね。
posted by ごんぐり at 10:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱ 役人のすること この程度なのさ〜
この国の諸悪の根源は 役人。 政治家なんかの 神輿がいくら変わっても こいつらがすき放題してるから この国はいつまでたっても よくならないよ。
Posted by 曇りのち晴れ at 2009年03月18日 10:42
準備不足は駆け込みのユーザーでしょ。
Posted by at 2009年03月18日 10:59
> 曇りのち晴れ さん
 政治家の神輿がいくら変わっても変わらないですよね。私達はいったい何に期待すればよいのでしょうか。
Posted by ごんぐり at 2009年03月19日 15:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。