2009年03月26日

<悲しいニュース>
韓国紙「イチローは高慢」

日本が連覇を果たした第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について、25日付の「中央日報」はWBCの特集ページで,「勝利したがマナーで負けた“ダーティーサムライ”」との見出しで日本チームを批判した

 同紙は日本について、「韓国との決勝戦で非紳士的なプレーが何回かあり、試合後の記者会見場では一部の選手が高慢な態度をみせまゆをひそめさせた。優勝チームらしいマナーとはほど遠い」と伝えた。

 非紳士的と問題にしたのは、中島遊撃手が六回の守備で二盗を試みた走者の顔にひざが当たったプレーと、七回の攻撃で一塁走者の中島が併殺を避けようと二塁手に体当たりしたプレー。会見場での「高慢な態度」とはイチローを指し、同紙は「イチローは試合後の記者会見場でいすのひじ掛けに片方の腕を乗せ、斜めにもたれかかるように座りながら、質問に答えた。答える途中で一人で笑った。勝者としての喜びや余裕と見るには見苦しい」と報じた。

 「中央日報」は社説でもWBCを取り上げ、「韓国野球、本当によくやった」と題して「(韓国代表チームは)収入が法外に少ない“いちばん腹を空かせたチーム”だったが団結力と精神力で決勝にまで上がった」とし、「WBCで全世界に誇示した韓国人の底力をもう1度発揮して、当面の経済危機を克服しよう」と主張している。

 「東亜日報」は「スシだけを食べて、食あたりした」との見出しで、「韓国が今大会で行った9試合中、5試合が日本と当たった」として、今回導入された敗者復活戦がある対戦方法に疑問を投げかけた。同紙は「残念だが…あなたたちは我らのチャンピオン」と選手の健闘をたたえ、日刊スポーツも「偉大なる2位」と、金寅植監督の采配(さいはい)などをたたえていた。


・産経新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000533-san-int


 なんか悲しいですね。勝っても負けてもお互いの健闘を褒め称えられるのがスポーツの良い所なのに、まるで戦争の縮図かのような扱われ方。負けたらイチローに四球を与えるサインを出しただか出していないだか…。これでは誰も気持ちよくWBCを見れなくなるのではないでしょうか。他国の悪い所を攻めるより、まず自身を振り返ってどこが悪かったかを見直すことが優先だと思います。

   
   中傷は、うるさい蜂のようなものである。
   これを殺す確信がないならば、手を出してはいけたい。
   さもないと、前よりもいっそう激しい突撃をくり返す。
                〜シャンフォール〜
タグ:WBC 韓国
posted by ごんぐり at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116235759

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。