2009年03月30日

不法投棄12%減

環境省は30日、07年度に不法投棄されたエアコンなど4種の廃家電は全国で11万5815台で、前年度より1万6269台(12.3%)減少したと発表した。不法投棄台数は03年度(17万4980台)をピークに減少が続き、同省は「廃家電に含まれる鉄、アルミニウムなどの資源価格高騰が背景にあったのではないか」と分析している。

 全国1811市区町村のうち、不法投棄の実態を調査している1494自治体を集計した。品目別では、▽テレビ6万7838台(前年度比7.0%減)▽冷蔵庫・冷凍庫2万6677台(同14.1%減)▽洗濯機1万7479台(同21.5%減)▽エアコン3821台(同34.8%減)。時期別では、4〜6月など引っ越しシーズンに増える傾向にあった。

 廃家電の不法投棄を把握したが、07年度中に回収できなかったものがあったのは410自治体。このうち148自治体は、不法投棄物が谷底や車両が進入できない場所などにあり、物理的に回収が不可能だと回答した。【大場あい】

・毎日新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000075-mai-soci


 こんなに不法投棄があるのですね、ちょっとびっくりしました。引越しは物を捨てなくてはならない事もありますが、人に譲るなり、リサイクルショップに売るなり、ヤフオクに出すなりいろんな手があるような気がしますが…。
タグ:不法投棄
posted by ごんぐり at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116465611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。