2009年04月15日

<興味深いニュース>
『新ブラックジャックによろしく』オンライン連載

漫画雑誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)連載の『新ブラックジャックによろしく』の作者・佐藤秀峰氏が、13日(月)付の公式ホームページの日記で「僕は『新ブラックジャックによろしく』をオンラインで連載をすることにしました。雑誌に掲載されてから1か月後に、こちらのホームページでも読めるようにするつもりです。」と公表した。大手出版社の雑誌に連載中の人気作品を、自身の公式ホームページでほぼ同時期に掲載するのは非常に珍しい試みといえる。

『ブラックジャックによろしく』作者・佐藤秀峰が出版社移籍の経緯と実情を漫画化

 佐藤氏の原稿料は、雑誌に掲載される度に出版社から支払われ、掲載された後の原稿の扱いについては、作者に委ねられているようで、「オンラインコミックについては二次使用になるので僕の自由にできます」としている。また、佐藤氏は「こんな僕でも、義理や人情というものがありまして、編集長と相談させていただいた結果、雑誌掲載から1か月後に、ホームページで掲載をさせていただくことにしました」と、雑誌側と話し合いをした上でのことと前置きしている。

 「漫画貧乏」と題した自身の日記では、『海猿』や『ブラックジャックによろしく』などの制作秘話や、過去の編集部との軋轢のほか、具体的な金額を挙げ、原稿料収入だけでは毎月赤字続きで、単行本の印税で赤字の補てんをしていることも告白している佐藤氏。出版業界が不況であえぐ中、漫画の新たなビジネスモデルを模索する佐藤氏は「漫画家は出版社に頼ることなく、一定の質とスピードを保って漫画を製作し続けることができるかどうか?」を自らに問い、また、それを「できる」と判断した。

 さらに、佐藤氏は「僕は、出版社は必要だと思っています。ただ、今後はそのあり方が変わってくると思います」としながらも、「恐らく、僕が雑誌で連載をするのは「新ブラックジャックによろしく」と「特攻の島」(『週刊漫画TIMES』(芳文社)不定期連載)が最後かもしれません。もう雑誌から声はかからないでしょうから…」とリスクを背負って、"脱・出版社"に向けて、歩き出すことを表明した。

 なお、オンライン連載の具体的なスタート日、課金などについては現在のところ明かしていない。


・オリコン(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090415-00000001-oric-ent

 
 こんなに人気のある漫画家さんでも赤字なら、今の出版社の料金形態は見直さなければならないでしょう。漫画でも今の医学に疑問を投げかけている佐藤秀峰さんが、生き方でも現状に疑問を投げかけている事はとてもカッコ良いと思いました。


     剣は折れた。だが私は折れた剣の端を握って
    あくまで戦うつもりだ。
                 〜ド・ゴール〜
posted by ごんぐり at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117518713

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。