2009年04月24日

<興味深いニュース>
成人後、体重減ったら気をつけて 

成人後に体重が増えた人よりも、減った人の方が死亡率が高いとの研究結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が23日、発表した。

 研究は岩手、秋田、長野など10都府県の40〜69歳の男女約9万人を対象に、20歳のときからの体重が(1)5キロ以上減少(2)5キロ以上増加(3)変わらない(増減の幅が5キロ未満)−の3グループに分類。約13年間追跡調査し、体重の増減と死亡との関連を調べた。

 男性では体重が減った人は、変わらなかった人に比べ1・4倍総死亡率が高く、逆に体重が増えた人の死亡率は低かった。50、60代で体重が減った人は、がんや循環器疾患による死亡率が高くなっていた。

 女性でも、体重が減った人は、変わらなかった人に比べ総死亡率が1・3倍高かったが、がん、循環器疾患による死亡と体重減の関連はみられなかった。

 調査した斉藤功愛媛大准教授(公衆衛生学)は「成人後には体重が増えるのが一般的なので、体重が減った人は、何らかの健康障害が背景に隠れていると考えられる。体重が減っている人は自分の健康管理に注意が必要だ」と話している。


・産経新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000156-san-soci


 友達との話で話題に上りました。確かに、年齢を重ねるにつれ代謝が落ちるので、体重が増加してしまうのは自然のことです。しかし、20歳の時に明らかにBMIが高かったり、痩せて標準体重に戻った場合なども、一緒くたにされて、おおざっぱに議論されている印象を受けました。単純に太った方が良いという誤解を与えかねない危険性をもっていると思います。

人生にとって健康は目的ではない。
しかし、最初の条件なのである。 
           〜武者小路実篤〜

posted by ごんぐり at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。