2009年06月20日

<興味深いニュース>
結婚するなら「料理できる人」9割

大学生は男女とも9割が、将来の結婚相手に「料理ができる」ことを期待している−−。内閣府食育推進室が実施した「大学生の食に関する実態や意識についてのインターネット調査」で、こんな結果が出た。

 結婚のために積極的に活動する「婚活」が注目されているが、同室の担当者は、「食育に関心を持ち、料理を勉強することは将来、損にならないはずだ」と、料理は「婚活」に役立つとアピールしている。

 調査は2〜3月にかけて実施。全国の大学生1223人(男性705人、女性518人)に食育への関心や食生活について聞いた。

 将来の結婚相手について、料理が「できることを期待する」「少しはできることを期待する」と答えたのは男性90・2%、女性89・5%で、ともに9割前後に上った。

 これに対し、実際に料理をする頻度について聞いたところ、「週に1回未満〜全くしない」と答えたのは男性46・7%、女性38・8%。それぞれ最も多く、男女とも2番目に多かった「週に4日程度〜毎日」(男性23・5%、女性24・7%)を大きく上回った。


・読売新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000421-yom-soci


 料理が上手くて損になることはないと思います。何よりも、経済的にも助かりますよね。男は家庭の味が忘れられなくて、家に帰りたくなると聞いたことがあります。今は男性も女性も働く時代になってきたので、どっちも料理が出来るようになって、交互に夕飯を作るというのが普通になっていくのかもしれませんね。


  人間は自分のほしいと思うものを求めて世間を歩き回り、
  そして家庭に戻ったときにそれを見いだす。
                  〜G・ムーア〜
posted by ごんぐり at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121887448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。