2009年07月15日

<興味深いニュース>
生キャラメルポット

玩具業界の活性化を目的として日本玩具協会が2008年に創設し、今年で2回目の開催を迎えた『日本おもちゃ大賞2009』の授賞式が14日、都内で行われた。今話題の“生キャラメル”を家庭で作ることができる調理玩具「生キャラメルポット」(タカラトミー)がトレンディ・トイ部門の大賞に選ばれたほか、5部門の大賞が発表された。


 同大賞は、さらなる玩具業界の発展、情報発信強化を図る目的で、日本玩具協会が2008年に創設したもの。今回は『東京おもちゃショー2009』出展社を対象に「イノベーション・トイ」、「ベーシック・トイ」、「ハイターゲット・トイ」、「トレンディ・トイ」、「共遊玩具」の5部門を設けたうえで作品を募集。328点の応募のなかから、各部門の大賞が決定した。

 各部門の大賞は、先出のトレンディ・トイ部門のほか、イノベーション・トイ部門に「TV地球儀」(エポック社)、ベーシック・トイ部門に「メタルファイトベイブレード BB-32 ハイブリッドウィール対戦セット」(タカラトミー)、ハイターゲット・トイ部門「ルービック360」(メガハウス)、トレンディ・トイ部門「生キャラメルポット」(タカラトミー)、共遊玩具部門「なぞるおえかき ピカッとかけた!」(セガトイズ)がそれぞれ選ばれた。

 今話題の“生キャラメル”を家庭で作ることができる調理玩具『生キャラメルポット』は、家庭用電子レンジがあれば手軽に生キャラメルを作ることができる玩具。1回につき12〜15粒の生キャラメルができ、材料費は1回100円程度で済ませることができる。


各部門の大賞・優秀賞 一覧 (http://life-cdn.oricon.co.jp/news/67681.html)



あいかわらず、生キャラメル人気は根強いですね。でも家庭でできるようになってしまったら、販売されている物にとっては危機な気が…。個人的には蕎麦を作れる機械がどんなものなのか気になります。


    人間のまことの性格は、彼の娯楽によって知られる。
                 〜レイノールズ〜
posted by ごんぐり at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123534842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。