2009年09月11日

<悲しいニュース>
病院・開業医の倒産、昨年の倍のペース

帝国データバンクの「全国企業倒産集計」(8月報)によると、同月に全国で発生した病院・開業医の倒産は2件で、今年1-8月の累計は40件になった。これは、前年同期の21件に比べて倍近い水準。また、8月の負債総額は4億1000万円で、1-8月の累計額は209億300万円になった。

 病院・開業医の倒産件数は01年以降、30件前後で推移していたが、07年には48件と前年の30件から急増。昨年は35件に減少したものの、今年は4月に9件が発生するなど、高水準で推移している。


・医療介護CBニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090911-00000002-cbn-soci


 景気が良いと聞く開業医も倒産してしまうのですね。倒産するのは地方の小さな病院が多いと思います。必要とされている地域に根ざした病院が無くなり、時間とお金がかかる遠くの大きな病院に行かなければならないという事は、ちょっと悲しいですね。


    政府は帆であり、国民は風であり、国家は船であり
    、時代は海である。
                    〜ベルネ〜
ラベル:倒産
posted by ごんぐり at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。