2009年10月06日

<興味深いニュース>
販売業者に4億円の損害賠償請求 任天堂など55社が提訴

任天堂とゲームメーカー54社は5日、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」用ソフトのコピーソフトをプレーするための「マジコン」と呼ばれる機器を販売する業者4社を相手取り、輸入、販売の差し止めと約4億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。業者に対し損害賠償を求めるのは初めて。 

 「マジコン」は、インターネットなどからダウンロードしたゲームのプログラムをメモリーカードにコピーし、「マジコン」に入れて、ソフトとして差し込めば動くという。

 同機器を巡っては、同地裁が2月、別の販売業者5社に対し、輸入・販売行為の差し止めを命じる判決を出し、確定している。だが、マジコンの輸入や販売は止まらず、業者に中止や損害賠償の支払いを求める警告書を発送してきたが、警告に対して真摯(しんし)な対応が見られないケースが多く、改めて損害賠償を含む法的措置を取ることにしたという。同社広報室では「今後も断固とした措置を取っていきたい」としている。【立山夏行】

・毎日新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000015-maiall-game



 この不況の中、みんな安い方に飛びついてしまいますよね。しかし、この不況だからこそ経済を活性化させるためにしっかりとソフトを買ったほうが良いのです。もし売れなくなったら、ソフトの質の低下に繋がる事も考えられます。
 しかし、マジコンを訴えるよりも、サイトを開いている中国のサイト等にまず規制をかけるべきではと考えてしまいます。マジコンはこの先どういう対処をされていくのでしょうか?


   我々にとって真理と自由の最も危険な敵
    ――それはぎっしりつまった多数票である。
               〜イプセン〜
posted by ごんぐり at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129592812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。