2009年10月20日

<興味深いニュース>
マグロ水槽で養殖出荷目指す 静岡・東海大

陸育ちの“エコマグロ”をブランド化しよう−−。駿河湾を望む静岡市の三保半島で、マグロを陸地の水槽で養殖する研究が進んでいる。海中のいけすに比べ赤潮被害を受けず海を汚さないのが特徴で、世界的に珍しく環境にも優しい。既に9キロ近くまで育ったマグロもあり、関係者は数年後の出荷を目指している。【竹地広憲】

 研究を進めるのは、三保半島にキャンパスを置く東海大海洋学部の秋山信彦教授(48)と静岡県焼津市の技術開発会社「WHA」。

 同学部の構内に円形水槽(直径約5メートル、深さ約1メートル)4基を設け、3年前からクロマグロ(本マグロ)の幼魚を育てている。水は構内の深さ約30メートルの地中からくみ上げた「地下海水」を使用。細菌が繁殖しにくく、水温も17〜20度で安定しているなどの利点があるという。

 秋山教授によると、マグロは酸素を取り込もうと絶えず泳ぎ回り、光に反応して飛び出すこともあるため、そのまま水槽に入れると壁に激突してしまう。そこでマグロが近づきたがらない気泡を水槽の内側に張り巡らせたり、水槽を設置している部屋の出入り口に二重幕を張って外光を遮断し、水流を作るなどの工夫を重ねた。

 マグロは先月までに、現在の水槽では限界の8.9キロまで成長。解体したところ、トロや赤身の脂などは市場に出回るマグロに近いレベルだったという。今後、採算ラインの約30キロまで育てるため大きな水槽を新設する。WHAの萩原弘之社長(51)は「マグロの漁獲規制の動きもあり、卵からの養殖も目指したい」と意欲的だ。


・毎日新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091019-00000012-maip-soci



 中国のお魚人気などで、マグロの希少価値がどんどん上がっています。私たちのような庶民がいつまでもマグロを食べられるように頑張ってもらいたいです。


      科学における全ての偉大な進歩は、
      新しい大胆な想像力から出てきている。
             〜ジョン・デューイ〜 
ラベル:エコマグロ
posted by ごんぐり at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。