2009年11月13日

<興味深いニュース>
臓器あげたい家族名、カード記入OK

改正臓器移植法に盛り込まれた親族への臓器優先提供について、厚生労働省は、提供したい親族の個人名を意思表示カードに記入することを認める方針を決めた。

 親族優先提供に関する指針案に書き込む。近く公表し、国民から意見を募る。

 優先提供できる親族の範囲は、親子と配偶者に限る方向で検討されている。厚労省はこれまで、トラブルを防ぐため、親族の個人名を記入せず、単に「親族」と表示すべきだとする見解を示していた。

 だが、今月2日の臓器移植委員会で、「提供したい個人名を書くのが自然」「個人名が分からないと、離婚した場合などは医療現場が混乱する」との意見が出され、再検討していた。

 厚労省によると、個人名を記入した場合も、他の親族も優先提供対象のままとする。個人名を挙げず、「親族」とだけ記入することも認める。

・読売新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000043-yom-soci


 臓器提供したい相手を書くのは自然な流れですね。でも、離婚した場合は混乱するというのも分かります。他にも問題はあるのでしょうか?臓器移植の現場の壮絶な話を聞いたことがありますが、現場の先生やコーディネーターの方はどのようにかんがえているのでしょうか?


   家庭――最後の頼みの綱として語れる場所。24時間営業中。
                    〜ビアス〜
   

 
タグ:臓器提供
posted by ごんぐり at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132798144

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。