2010年01月04日

<怖いニュース>
巨大ネズミ被害を防げ “食欲旺盛”ヌートリア

■50超す自治体が対策

 南米原産で巨大なネズミの仲間「ヌートリア」による農作物被害が、少なくとも中部以西の10府県で確認され、兵庫など9府県の50を超える自治体が、外来生物法に基づく防除計画を策定したことが28日、環境省や農林水産省のまとめで分かった。ヌートリアは、イネや野菜をエサに季節を問わず繁殖。特に兵庫県は全国の被害額の3分の1を占め、捕獲費用の半額補助制度を設けるなど対応に躍起になっているが、“ネズミ算式”の増加に頭を痛めている。

 
 ヌートリアは、戦時中に防寒用の毛皮をとるため国内で盛んに飼育されていたが、戦後は需要が急減し、しだいに野生化したという。

 農水省によると、農産物被害額は平成13年度は7100万円だったが、20年度は1億2400万円に増加し、最も被害が大きい兵庫県では約4300万円を占めている。ここ数年の被害は、兵庫をはじめ岐阜や大阪、鳥取など10府県に及んでいるという。

 兵庫県によると、県内の被害額は13年度は約2600万円だったが、この7年間で約1・7倍に急増。生態を調査している兵庫県森林動物研究センター(丹波市)によると、河川流域に生息するヌートリアは、県南部の加古川流域からこの10年間ほどで一挙に北部まで広がり、「ほぼすべての河川流域で確認されている」という。硬いものでも強い咀嚼(そしゃく)力で食べるため、キャベツやニンジンなど野菜の被害が相次いでいる。

 国は、ヌートリアなど外来種防除のため平成17年に外来生物法を制定。同法に基づく防除計画では、都道府県の許可を受けなくても捕獲や防除ができることなどから、農産物被害に悩む自治体が相次いで計画を策定。環境省によると、防除計画は、12月中旬までに大阪府と岡山県、さらに7県の52市町が策定し、特に兵庫県では41市町のうち24市町に上っている。

 ヌートリアの捕獲方法は、巨大なねずみ捕りのような「ハコわな」と呼ばれる器具を使うのが一般的。ただし、出産が年2、3回でそのたびに数匹を産むため、捕獲を続けても次々と生息域を拡大しているとみられている。

 兵庫県森林動物研究センターの小林敏郎森林動物専門員は「文字通り『ネズミ算式』に広がっており、農産物被害だけでなく生態系を乱すため、地域から排除する必要がある」と話している。

【用語解説】ヌートリア

 体長50〜60センチで体重は7、8キロ。ネズミ目。全身灰褐色の体毛に覆われ、長いしっぽが特徴。水辺にすみ、水かきを持っている。本来は草を食べていたが、近年野菜の被害が広がっている。感染症を媒介する可能性がある。

・産経新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091228-00000054-san-soci


 こんな恐ろしい外来生物がいたとは知りませんでした。ハーメルンの笛吹きのような効果的な駆除方法はないのでしょうか。まあ、輸入してしまった人たちの責任なのですが‥。


     恐怖は常に無知から発生する。
             〜エマーソン〜
ラベル:ヌートリア
posted by ごんぐり at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。