2010年01月20日

<怖いニュース>
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満

日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい体質であることを知っている人は全体の4割未満―。ノボノルディスクファーマはこのほど、こんな調査結果を発表した。同社では、日本人の体質について、「欧米人に比べて血糖値を下げるインスリン分泌能力が低いため、太っていなくても糖尿病になりやすい」と指摘。「太っていないから大丈夫と思っていても、過食や運動不足が原因で糖尿病を発症する可能性がある」としている。

 調査は昨年12月、全国の40-60歳代の男女を対象にインターネット上で実施。1200人から回答を得た(男女とも600人)。

 調査結果では、どのような体型の人が糖尿病になりやすいかと聞いたところ、「太っている人」が49.7%で最も多く、以下は「体型は特に関係ない」43.8%、「標準体型の人」4.6%、「やせている人」1.3%、「その他」0.6%の順だった。

 また、日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい体質であることを「知っている」は38.8%、「知らない」は61.3%だった。

 同社によると、国内の糖尿病患者は約890万人で、その9割以上がインスリンの分泌低下などが原因で起こる2型糖尿病とされている。肥満・やせの基準としてBMI指数を用い、太っている人をBMI25以上、太っていない人をBMI25未満とすると、日本人の2型糖尿病患者の6割が太っていないことになる。


・医療介護CBニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00000002-cbn-soci



 てっきり肥満体型の人がなりやすいのかと思っていたら、そんなことはないようです。そのうち6人に1人は糖尿病になる時代に今のままだとなるようです。人事だと思わず、糖尿病に対して警戒していましょう。

    少し食べ、少し飲み、早くから休むことだ。
    これは世界的な万能薬だ。
               〜ドラクロア〜

    
タグ:DM 糖尿病
posted by ごんぐり at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138892060

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。