2010年01月25日

<興味深いニュース>
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録


改正臓器移植法の一部施行に伴い、新たに臓器提供の意思表示をした人の約4分の1が親族への優先提供を希望していることが分かった。25日開かれた厚生労働省臓器移植委員会で報告された。
 17日に一部施行された同法は、第三者への臓器提供意思に併せて、実の親子、配偶者に優先提供する意思を表示できるとし、意思表示は基本的に日本臓器移植ネットワークのコンピューターシステムへの登録で行う。
 優先意思の登録受け付けは15日から開始。24日までに新たに臓器提供意思の登録をした人は約700人で、うち約170人が親族優先を希望した。 


・時事通信(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100125-00000107-jij-soci


 自分に近い人の命を優先的に救いたいと思うのは、人として当然なような気がします。臓器提供をするかしないかは別として、意思表示はしといた方が良いですね。


     世の中には幸も不幸もない。
     ただ、考え方でどうにもなるのだ。
            〜シェークスピア〜
posted by ごんぐり at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。