2010年02月02日

<興味深いニュース>
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明

福岡大と理化学研究所は、重症糖尿病の根本的治療法として期待される膵(すい)島細胞移植で、タンパク質の一種「HMGB1」が拒絶反応を促し移植効果を妨げることをマウス実験で突き止めた。HMGB1の抗体投与で、拒絶反応を抑え移植効果を格段に高めることも判明。米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション電子版に2日掲載された。
 福岡大の安波洋一教授(再生・移植医学)によると、HMGB1の抗体を治療薬として投与し拒絶反応を抑える方法がヒトでも確立されれば、糖尿病1型の重症患者に対する根本治療として膵島細胞移植の普及が大幅に進む。早ければ4〜5年後には治療を開始できる見込み。
 
・時事通信(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000023-jij-soci

 
 移植は一つの手段ではありますが、これから膵臓の移植も増えてくるのでしょうか。臓器移植法とともにこれから移植がもっと治療に加わってくるのかもしれません。しかし、潜在的な糖尿病患者は日本に2000万人いると言われているので、やはり生活習慣の改善が治療のメインになることは間違いないでしょう。

 
    このところずっと、
    私は生き方を学んでいるつもりだったが、
    最初からずっと、死に方を学んでいたのだ。
                  〜ダ・ヴィンチ〜
  
  
 
ラベル:DM 糖尿病 治療
posted by ごんぐり at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。