2008年05月26日

痛ニュース
火葬後の金属財源化!?

 火葬の後に残る、義歯などに使われていた貴金属回収・換金して財源に組み入れる制度を、福岡市が今年度から導入した。これまでは業者が換金し収益を得ることが認められていた。市によると、一部自治体に先行事例はあるが、珍しい。ただ、遺族感情に配慮して同様の制度を廃止した自治体もあり、葬送の専門家の間には慎重な対応を求める声もある。

 市内唯一の公営火葬場、市葬祭場(南区)で昨年度に火葬された遺体は8742体。遺灰処理の委託費用は約28万円だった。これまで業者は金属の収益を見込んで実際の作業費用より安く落札していたとみられる。このため、新制度になった今年度の入札以降は貴金属分の埋め合わせで落札額が高くなる可能性があるという。

 厚労省によると、遺灰の処理については墓地埋葬法には規定がなく、火葬場管理者に任されている。火葬場の実態調査などをしているNPO法人、日本環境斎苑協会(川崎市)によると、自治体が貴金属の売却益を財源に組み入れている例はまれだ

 福岡市が昨年、東京都と政令指定市を対象に調べたところ、東京都が同様の取り組みをしていた。都によると、都営火葬場の遺灰から取り出された貴金属類の提出を業者に義務づけ、これを換金。年間約300万円の収入があり、一般会計に繰り入れている。

 新潟市は06年度まで一部の火葬場の遺灰を業者に売却していた。業者は金属を売却できるため、同年度は約9トンが720万円で売れたという。だが、07年度から遺族感情などに配慮して取りやめた

 静岡浜松広島の各市では、遺灰処理業務を業者と1円で契約。貴金属の換金・財源化と実質的に同じ効果が出ている。

 遺灰をこのように、財源にする自治体もあれば、遺灰を利用してダイヤモンドを作るお寺もあるそうです。


我々が誕生を喜び、葬式を悲しむのは何故か?
我々がその当人でないからだ。
             〜マーク・トウェイン〜


人気ブログランキングへ←お願いします!


引用:朝日.com(http://www.asahi.com/national/update/0525/SEB2008052
50001.html) 
   アルゴダンザ(http://homepage1.nifty.com/sinnyoji/algoseizou.html
ラベル:福岡 火葬 金属 格言
posted by ごんぐり at 11:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この間はコメントありがとうございました。
パパッと簡単のbibiです。
パソコンなおって復活しましたので、
遊びにまいりました。
すごい情報量で参考になります。
とてもいいブログですね。
値上げ関連は特に注目しちゃいます(^_^;)
それでは・・・また。
Posted by bibi at 2008年05月27日 15:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。