2008年05月27日

面白いニュース
ジュース一本でCO2削減?

 ローソンは環境問題に積極的に取り組んでいますが、今度は日本コカコーラと協同して、「ローソンで日本コカ・コーラの清涼飲料を1本買うと、両社が二酸化炭素(CO2)1キロ分の排出枠を買う」キャンペーンが始まります。

 7月から始まるこの取り組みは、日本コカコーラがこの取り組み専用のコーヒーと炭酸飲料(いずれも500ミリリットルのペットボトル)を2品目開発、計360万本を用意。価格は税込み150円前後。排出枠の取得費(1キロ3〜4円)は、商品価格には上乗せせず、両社の利益から賄い、商品が売り切れた時点で終了します。

  排出枠は、国連が認可する海外の風力発電事業から買い、政府の口座に移されます。

 温暖化防止に関心のある消費者を引きつけようという試み。 商品のパッケージに明記し、購入者に貢献を実感してもらう考え。取り組みはローソンから呼びかけ、ローソンは他の食品メーカーとの協業も検討している模様です。

  できるだけ儲けて、できるだけ貯めて、できるだけ与えなさい
                      〜ウェスレー〜


 
コーラ
人気ブログランキングへ←お願いします!

引用:asahi.com(http://www.asahi.com/life/update/0527/TKY200805260359
.html?ref=goo)
   Link Style(http://www.linkstyle.co.jp/free/plant/kis/index05.html
posted by ごんぐり at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。