2008年06月08日

痛いニュース
またまたタスポ…今度は警察

 先日タスポ問題で書類送検されていると思ったら、今度は取り締まる側の警察に不祥事です。


 広島県警本部(広島市中区)内に設置されているたばこの自動販売機に、成人識別ICカード「タスポ」が庁舎内の喫煙者で共用できるように、ひもで吊るしていたことが6日、分かった。タスポは他人への譲渡、貸与が禁止されているが、普及率が低いため、売り上げ減対策として自販機にカードを不正に設置するケースが各地で発覚している。警察の施設内での不正利用が明らかになったのは初めて。


 夕刊フジの取材に対し、県警厚生課は「現在、事実関係を調査しているので、詳しいことはコメントできない」としている。


 自販機は県警本部庁舎12階の売店に設置されており、問題のカードは売店の女性店員名義で自販機の側面にひもでぶら下げ、庁舎内の警察官や職員らが自由に使えるようになっている。


 広島県では今年5月からタスポの運用がスタートしており、庁内の関係者によると、この自販機には6月に入ってからカードが吊されるようになったという。


 タスポは日本たばこ協会(東京)が発行し、現在は38道府県で導入されている。発行手数料や年会費は無料だが、申請時に運転免許証など本人と確認できる書類のほか、顔写真が必要なため、敬遠する喫煙者は多い。日本たばこ協会によると、5月末時点で、すでに導入した23道県の推定喫煙者に対する普及率は約20%にとどまっている。


 県警内での不正利用の発覚について、日本たばこ協会では「取り締まる側の警察で発覚したのは大変遺憾。カードの信用をおとしめる行為で、早急に事実関係を確認した上で、撤去を申し入れる」としている。
  
      怠け者は、長針も短針もない時計だ。
      かりに動き出したとしても、  
      止まっている時と同様に役に立たない。       
               〜ウィリアム・クーパー〜 

                 
この記事が面白かったら人気ブログランキングへ

引用:夕刊フジ(http://netallica.yahoo.co.jp/news/37167
ラベル:タスポ
posted by ごんぐり at 08:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何の為のタスポなのかよく分からないですよね。
家の主人は結局、カートンで買うしまつ・・・・
タスポがなかった時の方が良かったですね。
Posted by 中村江里子 at 2008年06月08日 17:55
こんばんは、ごんぐりさん。
前にコメントされた方とかぶるのですが、たばこを吸われる方は、タスポがめんどうなのでカートンで買われる人が多くなるでしょうね。
喫煙量が、増えてしまいます。気をつけないと・・・。
それにしても広島県警はどうよ・・・。
ぽちっと応援。
Posted by 名言ファイター at 2008年06月08日 18:31
すべての警察屋さんが悪いことをしているとは思いませんが。。。
綱紀粛正!がんばれニッポン!

応援ポチッ!
Posted by ニッキ at 2008年06月08日 20:41
中村江里子さま

 初来訪、コメントありがとうございます。面倒くさいとカートンで買ってしまうのですね。タスポがもたらしたのは害だけなのでしょうか?


名言ファイター様

 そうですね、取り締る側が同じ事をやっていることに疑問を感じないとはどういうことなんでしょうか?
Posted by ごんぐり at 2008年06月08日 20:42
 ニッキさんへ

 綱紀粛正。ぜひ行って欲しいですね♪応援ありがとうございます。
Posted by ごんぐり at 2008年06月08日 20:45
タスポ色々と不都合も出てきていますね!

以前ヘビースモーカーだったので、今世の中全てが禁煙ムードになっていて、喫煙者をなんか差別的に扱っている所がちょっと見方変えて欲しいなと思ってしまいます・・・

まぁ今はノンスモーカーなんで影響はありませんがwww
Posted by 虎鉄 at 2008年06月08日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。