2009年10月27日

<興味深いニュース>
DVDプレイヤー、さらなる進化のカギは「シャコの目」

 オーストラリアのグレートバリアリーフに生息する巨大なシャコの目が、これまでよりもさらに高品質のDVDプレーヤーを生み出すカギになると、英国の研究グループが25日発表した。
 英科学誌「ネイチャー・フォトニクス」に掲載されたこの研究によると、強力なはさみを持つことからダイバーに「親指を切り裂く」と怖れられているこのシャコは、生物の中で最も複雑な目を持っており、人間の4倍となる12色の原色を認識。様々な偏光(光波の振動する方向)も識別するという。
 英ブリストル大学の研究グループは、この機能をDVDプレーヤーに応用できれば、従来のものよりはるかに多くの情報を扱えるようになる可能性があると指摘。
 研究を率いたニコラス・ロバーツ博士は、ロイターの取材に「シャコの目はこれまでに作られたどの機器の機能よりもずっと優れている」と説明。「見事なほどシンプルな」シャコの目のシステムを、液晶を使って再現できるかもしれないとしている。


・ロイター(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091026-00000195-reu-int


 まだまだ自然に学ぶことは多そうです。しかし、シャコの目とDVDはなかなか結びつかないですね。着眼した人はすばらしいと思いました。

    自然は神の黙示であり、芸術は人間の黙示である。
                〜ロングフェロー〜
タグ:シャコ
posted by ごんぐり at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

<悲しいニュース>
世界の飢餓人口、初めて10億人を突破へ

世界の食糧支援の規模が過去20年で最低水準となる一方で、飢餓人口は今年、過去最高の水準に上昇した。国連世界食糧計画(WFP)が16日に明らかにした。
 それによると、世界の飢餓人口は2009年に初めて10億人を突破する。一方、WFPは深刻な予算不足に直面しており、2009年度予算67億ドル(約6090億円)のうち、26億ドル(約2360億円)しか確定していない。
 WFPは声明で「多くの人が世界的な金融危機に巻き込まれている。食品価格の高止まりが影響して、購買力が制限されている。そうした状況に加えて、予測のつかない天候が、天候に起因する飢餓をさらに多く生み出している」と述べた。

・ロイター(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000484-reu-int


 明日の食事に困らない生活を送っていると気付かないことですが、10億人もの人が飢餓に苦しんでいるというのは明らかに異常です。募金だけが私たちにできることなのでしょうか?

   人口は幾何級数という比例で増加するが、
   食物は等差級数でしか増加しない。
             〜ダーウィン〜
タグ:WFP
posted by ごんぐり at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

<悲しいニュース>
麻薬治療患者を並ばせ17人銃殺…メキシコ

<AP通信によると、メキシコ北部フアレス市で2日、武装グループが、薬物リハビリテーションセンターに押し入り、患者を一列に並ばせて銃を乱射、17人が死亡し、少なくとも5人が負傷した。

 同国中西部ミチョアカン州の州都モレリアでは同日、州の治安当局の副局長が、車で移動中に武装グループに襲われて死亡した。いずれも麻薬組織による犯行とみられている。

 メキシコでは、カルデロン大統領が麻薬組織摘発に力を入れる一方、組織による報復が激化、カルデロン政権下の2年9か月で、麻薬組織がらみの死者は1万3000人以上に上る。


・読売新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090903-00000832-yom-int


 なぜ麻薬患者を撃たなければならなかったのか良く分かりませんが、メキシコでの麻薬の蔓延ぶりがよく分かります。この波が日本に来ているのかと思うと、ぞっとします。

  罪は、それが禁じられているから傷つけられるのではなく、
  傷つけられるから禁じられているのである。
                〜フランクリン〜
posted by ごんぐり at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

<痛いニュース>
「カレーの匂い」で火災警報

15日付中国新聞社電によると、12日にインド・ムンバイを出発したインド航空機(エア・インディア機)が、離陸約30分後に貨物室の火災発生を知らせる警報が出たため、引き返した。貨物室を調べたが出火した形跡はなく、検査員は濃厚に漂っていたスパイスの香りに火災探知機が反応したとみている。

 同機はドイツ・フランクフルト行きのボーイング747型機。火災警報器が反応した際、操縦士は出火場所や煙を確認できなかったが、ムンバイへの引き返しを決めた。着陸後に空港で調べたところ、貨物室は強いスパイスの香りが充満しており、積んでいたミックススパイスの粉、いわゆるカレー粉から出たものと分かった。

 専門家によると、これまでも航空機の火災警報器が積み荷の匂いに反応したことがある。2004年には、ムンバイ発ロンドン行きの航空機が飛行中に火災警報機が貨物室内のマンゴーの匂いに反応し、ルーマニアのブカレスト空港に緊急着陸した。また、強烈な匂いで知られる果物のドリアンに、火災警報器が反応したこともある。(編集担当:如月隼人)

・サーチナ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090615-00000054-scn-int


 
 インドのカレースパイスは強烈な匂いですが、まさか火災警報器が感知するほどとは…。日本の火災警報器は煙に反応するタイプと熱に反応するタイプがあるらしいのですが、海外の物は匂いに反応するのでしょうか?どれが感知するのか、匂いの強いものをいろいろ試してみたいですね。


     過失は恥じるべきだが、
     過失を改めるのは恥じるべきではない。
                 〜ルソー〜
posted by ごんぐり at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

<悲しいニュース>
世界の「電子ゴミ」、7割が中国へ

2009年6月6日、網易探索は、世界で毎年2000万〜5000万トンの電子ゴミが生まれ、そのうちの約70%が中国へ、残りはインドやアフリカなどの発展途上国へ輸出され、現地で重大な環境汚染問題になっているとの専門家の指摘を紹介した。

記事によると、「電子ゴミの終着駅」と呼ばれる中国広東省スワトウ市の貴嶼村や、ナイジェリアのラゴス、ガーナの首都・アクラ周辺など、発展途上国の一部では電子ゴミの解体や金属の回収が何の予防措置もなされないまま行われており、作業に従事する人々の身体や環境に深刻な影響を与えている。


欧州連合(EU)が03年に定めた電子機器や家電製品の廃棄物を分別収集し再利用を図る「WEEE指令」の矛盾も、こうした事態に拍車をかけているという。WEEE指令では、EU各国は電子ゴミを分別処理してリサイクルシステムを確立するなどし、資源の乱用防止と環境汚染の低減を図らなければならないと定めている。しかし実際には、処理コストが約10分の1で済むため、先進諸国の多くが電子ゴミを「リサイクル」の名の下に、何の検査も実施せずに発展途上国へ輸出している。

専門家は「発展途上国では、電子ゴミの処理基準が設定されておらず、鉛、水銀、カドミウムなど大量の毒素や廃棄物が無差別に放出され、大気や環境だけでなく、人々や住民にも深刻な影響を与えている」とその危険性を指摘している。(翻訳・編集/HA)


・Record China(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000018-rcdc-cn)



コストが10分の1で済むのなら、民間に任せていると、いつまでたっても解決しないと思います。どこに流そうと、結局は自分の身に帰ってくることが分からないはずはないのですが…。ゴミがどこから流れてきたものなのか調べ、国レベルで解決するしか今のところ解決方法は無さそうですね。


     教育の危機は教育の危機ではなく、         
     生命の危機なのだ。
                 〜ペギー〜

    
posted by ごんぐり at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

<悲しいニュース>
北核実験 長崎原爆並みの威力か

北朝鮮が25日、核実験を強行したことを受け、日米韓など国際社会は「国際平和と安全の脅威」(オバマ米大統領)、「世界の平和と安定に対する深刻な脅威で重大な挑戦」(韓国政府)などと一斉に非難の声を上げた。国連安全保障理事会は日本時間26日午前に緊急会合を行い、対応を協議する見通しで、北朝鮮への新たな制裁措置を定めた新決議採択も視野に各国の外交的駆け引きも本格化しそうだ。

 韓国合同参謀本部によると、北朝鮮はさらに咸鏡北道舞水端里から1発、江原道元山周辺から2発の短距離ミサイルを日本海に向けて発射した。核実験は咸鏡北道吉州地域の地下実験場で行われ、2006年10月の前回核実験よりも大きな爆発があったとみられる。ロシア国防省当局者は爆発の規模について「10−20キロトン」と最大で長崎原爆並みの威力だったとの見方を明らかにした。

 北朝鮮は事前に米国や中国などに実験の実施を事前通報していたとされる。ただ中国外務省も「国際社会の反対を無視して再び核実験を行った」と「断固として反対する」との声明を発表、国際社会の懸念に同調した。ロシア外務省も決議違反と非難した

 今後は安保理での協議に焦点が移るとみられるが、北朝鮮の友好国である中ロは厳しい対抗措置には難色を示すことも考えられ、新決議採択の場合には調整が難航することも予想される。


・時事通信(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000186-jij-int) 


 本当に恐ろしいですね。何を考えているか分からない国であるので、余計に恐ろしいです。非核を訴えている我が国に対して、またもや核の脅威が迫っているというのは、何という皮肉でしょうか。


     何も知らざる者は何も恐れず。
            〜イタリアの諺〜
posted by ごんぐり at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

< <情けないニュース>
宿題代行

お金を払えば宿題を肩代わりしてくれるという新しいウェブサイトが、フランスで5日からサービスを開始する。

 このサイトfaismesdevoirs.comでは、簡単な算数・数学の問題なら5ユーロ(約625円)、学年末のプレゼンテーションならスライドと原稿を含めて80ユーロ(約1万円)を支払うことで、上級生が宿題を代わりに終わらせてくれるという。

 サイトを作ったステファン・ブークリ氏は、ロイターの取材に「隙間市場に目を付けた」と語った。

 一方、教師らはこれに猛反発。「ショッキングだ。生徒たちが自ら問題を解くことを学ぶという教育の目的を無視するもの」とパリ郊外の中学校で英語を教えるアガタ・フィールド氏は語った。

 これに対しブクリ氏は、問題を解く過程も説明されているので生徒の勉強にもなると反論している。


・ロイター(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000284-reu-int


 このブクリ氏は何を言ってるのかわかりませんね(笑)。小・中学生の頃だったら、夏休みが終わる直前はこういうサービスがあったらいいなとは思ってましたが…。結局自分でやらなきゃ、何も意味がないですからね。


   勉強忍耐は才力智徳の種子なり 
               〜乃木希典〜
タグ:宿題代行
posted by ごんぐり at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

<興味深いニュース>
シンガポールの都市伝説ツアー

クリーンで近代的なイメージの強いシンガポールで、その裏にひそむ都市伝説や歴史を垣間見ることができる「肝試しツアー」が話題を呼んでいる。

 アジア超常現象調査会社(API)が主催する同ツアーは、墓地や廃屋、うち捨てられた村などを巡るもので、ただ怖がらせるだけではなく、教育的で知的な内容だという。開始からまだ1年も経たないが、シンガポール政府観光局のウェブサイトにお勧めツアーの1つとしても掲載されている。

 APIの創設者チャールズ・ゴー氏は、都市伝説や心霊現象と呼ばれているものの多くは誤解や情報不足によると指摘。さまざまな調査を通じ、心霊現象などを理論的かつ科学的に証明することを目的としているという。

 ゴー氏は「調査を通して得た知識を基に、都市伝説などの謎を解くユニークなツアーを開催することができた」と語る。

 移動のバスの中では、ガイドが都市伝説や幽霊の話をビデオを交えて説明し、ツアーの雰囲気を盛り上げる。13日の金曜日に行われたツアーの最初の目的地は、「死者の村」という異名を持つブキ・ブラウン中国人墓地。1980年代の開発で廃墟となった場所だ。

 ゴー氏は、シンガポールは近代的で清潔な街という印象が強いかもしれないが、歴史や隠れた伝説の多い「スピリチュアル」な場所だと語っている。


・REUTERS(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000975-reu-int)


なかなか面白そうな企画ですね。日本の都市伝説って謎のまま終わってしまうけど、「都市伝説や心霊現象と呼ばれているものの多くは誤解や情報不足」と言ってのけるがシンガポールのお国柄なのでしょうか。


    学問は飯と心得べし 〜三浦梅園〜


 
posted by ごんぐり at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。