2009年11月23日

<興味深いニュース>
読書をビジネスに役立てよう! 若い人集まる「読書会」が人気

SNSを通じて見知らぬ人同士が集う「読書会」が人気を集めている。とりわけ若いビジネスマンが、仕事に役立てようと意欲的に参加している。主催者の一人は、「会社内だけで学べることだけでは不安だと感じているのかも」と指摘する。

 「アウトプット勉強会」は2006年、もともとは名古屋で、友人4人と始まった。主催者の山本多津也さん(44)が、本を読むのが苦手という友人から相談を受けたのがきっかけだ。小規模な読書会だったのが3か月後、クチコミで30〜40人に拡大。2007年には連絡用にと、SNS「mixi」でコミュニティを立ち上げると、2年後には1000人が集まった。今では2700人以上が登録している。

■10月の課題本はD・カーネギー「人を動かす」

 読書会は現在、東京と愛知で月一回ペースで、会議室などを利用して行われている。参加したい場合はmixiを通じて連絡をとる必要があり、指定された一冊の書籍(ビジネス書が中心)を読んでくることが課せられる。たとえば、東京・10月の課題本は、アメリカの実業家、D・カーネギー「人を動かす」だ。18時からはじまった会には91人が参加。10人程度の小グループにわかれ、課題図書についての発言を重ねていく。

 山本さんはアウトプットの重要性を指摘する。一人の読書ではふつうインプットばかりが多く、アウトプットが少ない。そのせいもあって、本の内容は半年もすれば忘れてしまう。ただ、「人に説明することで自分の理解も深まっていく。わかったつもりだったことが、明確になる」とその意義を語る。参加者には、ビジネススキルを高めたいという意欲的な人が多い。

 相手の意見を否定するのはルール違反だが、反論によって議論が白熱することはよくある。参加者は20代〜30代が多いと言い、山本さんは「読書会」の魅力を、「コミュニティの面白さでしょう」と話す。

 「若い人のコミュニケーション能力が低いと一般的には言われています。この状況を私は、趣味が細分化したこともあって、共通の何かを話せないから、探り合いが続いているように思います。ところが、読書会は課題の本が決まっていて、話しやすい雰囲気です。会を通じて、仲良くなっていくというのも面白いのでしょう」

■「会社内だけで学べることだけでは不安」

 webコンサルタントの八須祥史さん(27)も、月一回の読書会を主催している。ビジネスネス向けの読書会「東京ビジネス読書会」は2008年8月、立ち上がった。mixiを通じて参加者を募っており、毎回20人程度が集まる。

 課題図書を読んで参加するのが基本ルールだ。ビジネス書がテキストになることが多く、11月は『ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか』、10月は『ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行』だった。八須さんは「読み込んだ書籍をビジネスに生かしていくことが目的。読書会では、(学んだことを)生かすにはどうしたらよいかを討論しています」

 参加者は20〜30代が多い。その理由を「勉強したいという意欲的な人が多いようだ」と指摘する。「会社以外でもいろんな知識を吸収したい、いろんな人に会ってみたい、刺激を受けたいと意気込んでいます。会社内だけで学べることだけでは不安だと感じているのかもしれません」と分析している。

 ちなみに、本の読み方・選び方にコツはあるか――。出版点数が多い中から、いいものを選び出すことが難しくなっていると八須さんは感じている。「私は、人が勧めているものを読むようにしています。尊敬する人、著者だったら、なおいいと思います」。一方の山本さんは「本のすべてを自分の中に落とし込むというのではなく、一行でもいいから、明日の行動に役立つ何かを見つけてみては。自分なりの気づきがあればそれでOKです」とアドバイスしている。


・J-CAST(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091123-00000001-jct-soci)


 アウトプットが足りないな〜と感じていましたが、こういう会をやれば定着していきますね。これから読書会は増えてくのではないかと感じました。「一行でもいいから、明日の行動に役立つ何かを見つけてみては」というコメントには、なるほどと読書に対する捉え方が少し変わりました。



     学問は飯と心得べし。腹にあくが為なり。
     かげ物などのやうに人に見せんずる為にはあらず。
                      〜三浦梅園〜
  
posted by ごんぐり at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

<興味深いニュース>
ぐっすり眠っても記憶可能 睡眠学習に応用も

ぐっすり眠っている人の脳に刺激を与えることで、特定の記憶を強化できることを、米ノースウエスタン大のチームが実験で確かめた。睡眠学習への応用も期待できそうだ。20日付の米科学誌サイエンスに掲載された。【元村有希子】

 実験は19〜24歳の男女12人に実施した。コンピューター画面のさまざまな場所に、割れたグラスやヘリコプター、猫など50種類の絵が順番に現れ、猫の絵を表示している間には鳴き声など関連する音を聞かせて、表示位置を覚えてもらった。

 1度目のテストの後、全員が約1時間の昼寝をした。「ノンレム睡眠」と呼ばれる深い睡眠のうち、眠りがさらに深まった段階で、50個中25個の音を聞かせた。目覚めた後に2度目のテストをしたところ、睡眠中に音を聞かせた25個の方が、聞かせなかった25個より表示位置を正確に覚えていた。しかし被験者は、睡眠中に音を聞いた認識がなかった。

 チームは別の12人に同じ学習をさせ、昼寝の代わりに別の作業をしながら25個の音を聞かせた。2度目のテストの成績は、音を聞かせた絵とそうでない絵との間で差は見られなかった

 睡眠中の脳が大量の情報を取捨選択して定着させていることは、脳が働いて体が休んでいる浅い眠りの「レム睡眠」中と考えられていたが、脳も体も休んでいる「ノンレム睡眠」中では、詳しくは分かっていない。

 脳と記憶の関連を研究している科学技術振興機構の黒谷亨(くろたに・とおる)研究員(神経生理学)は「脳が休んでいるはずの深い睡眠中にも、別のモードで脳は活動しているようだ。記憶を定着させる新しい仕組みの解明につながるかもしれない」と話す。


・毎日新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091120-00000050-mai-soci


睡眠学習などは全く無いものだと思っていましたが、もしかしたらあるもかも知れませんね。そうすると眠ってる間も、特定の暗記物なら効果があるということがいつの日か証明されるかもしれません。早く解明される事を切に願います。


    睡眠は労働なくしても神々が与えてくれる。
    だが労働すればそれは三倍も甘美になる。
    〜 ウェーベル〜
posted by ごんぐり at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

<興味深いニュース>
ついにやりやがった!? 「姉ヶ崎寧々との結婚のご報告」届く

早くから誰かがやるだろうと予想されていたものの、なかなか挑戦するプレイヤーがいなかった“結婚式”に挑戦者現る。しかも海外……だと?

●勇者現る、かと思いきや

謹啓

暮秋の候 皆様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申し上げます――。

 編集部に届いた1通の招待状に、記者たちは色めきたった……。冒頭のよくある文章から始まった結婚報告と披露宴のご招待の差出人の名前は、SAL9000さんと姉ヶ崎寧々……! 寧々さん? え? えぇ!? ドウイウコトデスカ?

新郎SAL9000はグアム島で新婦姉ヶ崎寧々と結婚の誓いおよび新婚旅行を行ってまいりました。日本に戻って、親しいかたに向けての披露宴となります。出会いからデートを描いたスライドの上映や二人の誓いなどをお届けする予定です」

 お、おめでとうございます。末永くお幸せに……。

 丁寧にそのグアム島での挙式の様子と思わしき写真(なぜ水着かは置いておこう)と、返信はがきとともに送られてきた招待状は、KONAMIから発売されているニンテンドーDS用ソフト「ラブプラス」のキャラクターと結婚を報告するイベントの開催を知らせるものでした。

 エクストリーム・ラブプラスでいつかは誰かがやるだろうと予想されていた結婚式を、しかもグアム島でやってきた様子をリポートするというこちらのイベントは、Make Tokyo Meeting04も開催されている東京工業大学 大岡山キャンパスで行われるとのこと。なお、その様子はニコニコユーザー生放送でも放送される予定だとか。2人の晴れの門出をお祝い申し上げます!


・ITmedia Gamez(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091118-00000006-zdn_g-game


 ラブプラスやってちょっとはまりましたが、ここまでの人がいるとは‥。結婚後は何か変化があるのでしょうか?同じく、二人の門出にお祝い申し上げます。 


     結婚したまえ、君は後悔するだろう。
     結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。
                 〜キルケゴール〜
タグ:ラブプラス
posted by ごんぐり at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。